ガバペンチン(gabapentin)

痙攣を抑制する作用を持つγ-アミノ酪酸GABA)の誘導体。国内では癲癇てんかん部分発作)に対して2006年に承認された。商品名はガバペン

ガバペンチンの化学構造

GABA受容体には結合しない。グルタミン酸作動性神経などの興奮性神経を抑制すると同時に、GABA作動性神経系を亢進することにより発揮されると考えられている。*1

*1日本薬理学雑誌 国原峯男 佐瀬真一 荒川明雄 新規抗てんかん薬ガバペンチン(ガバペン®): https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/129/4/129_4_299/_article/-char/ja/

ガバペンチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filegabapentin.png 閲覧数 27回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-02-09 (土) 12:02:05