健康用語WEB事典

ガラクツロン酸(galacturonic acid)

ガラクトースの6位がカルボキシル基に置換された構造を持つウロン酸ガラクトース酸化によって生じるアルドン酸ガラクチュロン酸とも。*1

ガラクツロン酸の化学構造

ペクチンの成分であるポリガラクツロン酸モノマーとなる。*2

ペクチンの基本成分はD-ガラクチュロン酸がα-1,4結合で直鎖状に結びつきポリガラクチュロン酸となる酸性多糖体で,ガラクチュロン酸残基カルボキシ基(-COOH)は部分的にメチル基によりエステル化(-COOCH3)されている。*3

*1徳島文理大学薬学部 生薬研究所第一研究室 H30年度 生物有機化学テキスト 糖の構造と化学的性質: http://p.bunri-u.ac.jp/lab23/esumi/2018_Bioorganic%20Chemistry_text.pdf
*2ウロン酸含有多糖に関する食品生化学的研究: http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/31904/20141016184232761564/diss_otsu2944.pdf
*3ミニトマト果実のポリガラクチュロナーゼ活性 稲荷妙子・竹内徳男・森本仁美 家政学部家政学科管理栄養士専攻: http://libwww.gijodai.ac.jp/newhomepage/kiyo2004/P83-92.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ガラクツロン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileD-galacturonic_acid.png 閲覧数 191回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-03-14 (水) 13:51:40