ガラクトース(galactose)

単糖類ヘキソース)のひとつ。グルコースジアステレオマー(4位のエピマー)。主に以下の構造を持つβ-D-ガラクトースを指す。ガラクトースは甘味を持たない。

β-D-ガラクトースの化学構造

グルコースと構造が類似していますが、の環を構成する4番目の炭素のヒドロキシ基(-OH)の向きがグルコースと異なるだけですが、甘味を有しません。*1

哺乳類のに含まれるラクトースは、ガラクトースとグルコースからなる二糖類。ガラクトースは腸管から吸収された後、門脈を通って肝臓に運ばれる。吸収される速度はグルコースの1.1倍。肝臓グリコーゲンを経てグルコースに変換され、解糖系代謝される。*2*3*4

新生児マススクリーニングにおける、ガラクトース血症の指標となる。*5

ガラクトースの代謝過程*6*7

以下の代謝経路はルロワール経路と呼ばれる。

  1. β-D-ガラクトース → α-D-ガラクトース(ガラクトースムタロターゼによる異性化
  2. α-D-ガラクトース → ガラクトース-1-リン酸ガラクトキナーゼによるリン酸化
  3. UDP-グルコース + ガラクトース-1-リン酸グルコース-1-リン酸 + UDP-ガラクトースガラクトース-1-リン酸ウリジルトランスフェラーゼ
  4. グルコース-1-リン酸グルコース-6-リン酸ホスホグルコムターゼによって相互変換、これは解糖系へ)
  5. UDP-ガラクトースUDP-グルコースUDP-ガラクトース-4-エピメラーゼ
  6. UDP-グルコースグリコーゲングリコーゲン合成酵素

これらの反応を触媒する酵素発現する遺伝子の異常によってガラクトース血症となる。

*1食品中に含まれる糖の分析をしてみよう ~化学・生物化学的なアプローチで糖について学ぶ~ 糖鎖化学研究室(担当:松尾一郎、吉村弥生): http://www.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp/~taiken/2016/4.pdf
*2生体分子化学 徳島文理大学薬学部 江角朋之: http://p.bunri-u.ac.jp/lab23/esumi/BioMolChem1.pdf
*3広島大学病院 小児科外来 「ガラクトース血症」について: http://home.hiroshima-u.ac.jp/syoni/hiroped/nbs/introduction_files/NBSinfo_Galactosemia.pdf
*4西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*5東北大学医学部小児科:新生児マス・スクリーニング: http://www.ped.med.tohoku.ac.jp/mas.html
*6Structure and Function of Enzymes of the Leloir Pathway for Galactose Metabolism: http://www.jbc.org/content/278/45/43885.full
*7広島大学病院 小児科外来 「ガラクトース血症」について

ガラクトースに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filebeta-D-galactose.png 閲覧数 536回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-04-01 (日) 10:57:50