健康用語WEB事典

ガングリオシド(ganglioside)

スフィンゴ糖脂質のひとつ。細胞膜外層に存在し、細胞分化や増殖、細胞接着の制御に関わる。

コルチ器脂質ラフトに存在するガングリオシドは聴覚の発達や機能の維持に必要であることが確認されている。*1

*1糖脂質「ガングリオシド」が聴覚機能に必要不可欠であることを発見(内耳の再生医療や感音性難聴の診断・治療への貢献に向けて期待): https://www.jst.go.jp/pr/announce/20090519/index.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ガングリオシドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-01-25 (木) 13:21:36