健康用語WEB事典

キクカ(Chrysanthemum flower)

生薬として用いられるキクやシマカンギクの頭花。漢字では菊花。

炎症作用を有し、結膜炎上気道炎鼻閉充血かすみ目視力低下、高血圧めまいなどに対して用いられる。*1

釣藤散清上蠲痛湯杞菊地黄丸に含まれる。クリサンテロール?クリサンテトリオール?クリサンテモール?インジクメノン?ハンデリン?アピゲニンアピゲニン-7-グルコシド?カンフルサビネンルテオリンアカセチン?ボルネオールなどを含む。*2

*1熊本大学薬学部 薬草園 薬草データベース キク: http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/yakusodb/detail/003360.php
*2キクカ:新常用和漢薬集/公益社団法人東京生薬協会: http://www.tokyo-shoyaku.jp/f_wakan/wakan2.php?id=51

ご意見・ご要望をお聞かせください。


キクカに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-01-22 (水) 08:28:07