健康用語WEB事典

キシラジン(xylazine)

α2受容体リガンド鎮痛及び鎮静作用を示す。商品名はセラクタール

キシラジンの化学構造

霊長類の麻酔として使用される。アチパメゾール拮抗薬となる。*1

キシラジンは反芻動物には強い効果を示すが、ブタには極めて弱い効果しか示さない。この薬効の差の原因は不明とされる。*2

*1京都大学学術情報リポジトリ 京都大学学術出版会 霊長類進化の科学: https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/192771
*2アドレナリンα2A受容体サブタイプに対するα2作動薬の作用に関する研究 [論文内容及び審査の要旨] : HUSCAP: https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/65650

ご意見・ご要望をお聞かせください。


キシラジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filexylazin.png 閲覧数 369回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-07 (木) 08:29:29