健康用語WEB事典

キニジン(quinidine)

不整脈薬の有効成分となる有機化合物

キニジンの化学構造

心筋ナトリウムチャネルおよびカリウムチャネルに対する遮断作用を持つ。治療に適した濃度と毒性が現れる濃度が近いため、副作用としてトルサード・ド・ポワントキニジン失神)が起こりやすい。*1*2

*1国立大学法人 岡山大学: https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/yakubutu/kini.htm
*2抗不整脈薬治療の難しさ 杉薫 東邦大学医学部内科学講座循環器内科学分野(大橋)教授: https://mylibrary.toho-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00227745&elmid=Body@&fname=TOIZAG059003111.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


キニジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filequinidine.png 閲覧数 125回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-08-26 (日) 09:03:08