健康用語WEB事典

キニノーゲン(kininogen)

キニン前駆体カリクレインと反応することでブラジキニンなどに代謝される。キニノゲンとも。*1

プロコンバーチン血液凝固第Ⅶ因子)と同様に、カリクレイン-キニン系の一員として凝固線溶系妊娠維持に重要。*2

*1名城大学薬学部 薬品作用学研究室 アンギオテンシン・ブラジキニン: http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/09jugyou/5.angiotensin.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 不育症における自己抗体を介したカリクレイン―キニン系の破綻に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-13671748): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-13671748/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


キニノーゲンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-07-24 (金) 06:36:47