健康用語WEB事典

キノン(quinone)

ベンゼン環水素原子2つをカルボニル基ケトン基)で置換した構造を持つ化合物の総称。キノン体とも。

キノン(p-ベンゾキノン)の化学構造

最も単純なキノンはベンゾキノン。上図は代表的なキノンであるp-ベンゾキノン化学構造。

ヒドロキノンベンゾキノンアントラキノンナフトキノンなど。

キノン類は天然色素として非常に大きなグループのひとつで,自然界に彩りを添えている.また,生理学的に重要な作用を持つものが多く,ユビキノンミトコンドリア中における電子伝達媒介物質として光合成生物や動物細胞中に広く分布していて重要な役割を果たしている.… キノンとは形式的に芳香環の2個の水素原子が2個の酸素原子で置き換わり,これらのカルボニル基と複数のオレフィン結合が交差共役系を形成している化合物を基本形としているものと見なすことができる.*1

*1学術情報発信システムSUCRA 理学部基礎化学科 恒次丈介 佐藤大 含 7 員環非ベンゼン系キノン類およびキノノイド類の電子受容能力: http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/KY-AN10402595-20-11.pdf?file_id=12792

ご意見・ご要望をお聞かせください。


キノンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filequinone.png 閲覧数 249回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-19 (水) 16:24:16