キャスルマン病(Castleman's disease)

クローン性のリンパ増殖性疾患巨大リンパ節過形成症とも呼ばれた。*1

腫大したリンパ節胚中心B細胞IL-6を持続的に産生する。単一のリンパ節が侵されている場合には,その摘出により血清IL-6値が正常化し、炎症所見や合併症が軽快することが報告されている。*2

*1臨床血液 キャッスルマン病診療の参照ガイド: https://www.jstage.jst.go.jp/article/rinketsu/58/2/58_97/_article/-char/ja
*2炎症性疾患に対する IL-6 阻害療法:現状と今後の展開 田中敏郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/rinketsu/58/2/58_97/_pdf/-char/ja

キャスルマン病に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-15 (水) 10:25:49