健康用語WEB事典

キョウニン(Armeniacae semen)

アンズ(杏)の種子の種を除いたもの。生薬のひとつ。アンニンとも。漢字では杏仁消化管運動促進作用や鎮咳作用を持つ。*1*2

トウニン桃仁)やダイオウ大黄)と同様にカリウムイオンBKチャネル?を介して大腸上皮細胞から流出させることで水分分泌作用を発揮することが報告されている。

*1昭和大学 薬用植物園 アンズ(バラ科): http://www10.showa-u.ac.jp/~mpgarden/A/anzu.html
*2薬の窓口 No.190 岡山大学病院薬剤部 薬品情報室発行 <麻黄湯のはたらき>: http://pharm.hospital.okayama-u.ac.jp/wp-content/uploads/2013/03/190.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


キョウニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-01-07 (火) 14:32:01