ギルテリチニブ(gilteritinib)

急性骨髄性白血病に対する治療薬の有効成分。FLT3酵素活性(リン酸化)を阻害する。商品名はゾスパタ*1*2

ギルテリチニブの化学構造

主にCYP3A4代謝される。*3

*1大阪市立大学・大学院医学研究科 血液腫瘍制御学 医学部 臨床検査医学 医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科 再発/難治性AMLに対するギルテリチニブによるFLT3選択的阻害 平成30年12月10日 森口慎: http://www.med.osaka-cu.ac.jp/labmed/page2018Syou.html
*2岡山大学病院院内採用薬一覧表(更新:2019.4.23): http://pharm.hospital.okayama-u.ac.jp/wp-content/uploads/2019/04/20190423saiyouyaku_innai_ya.pdf
*3抗悪性腫瘍剤(FLT3阻害剤) ギルテリチニブフマル酸塩錠 ゾスパタ錠40mg: http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/800126_4291053F1021_1_02.pdf

ギルテリチニブに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filegilteritinib.png 閲覧数 21回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-05-14 (火) 10:36:01