クエン酸(citric acid)

梅干しレモン、みかんなどの柑橘類に含まれる、無色・無臭の有機化合物分子式は C6;H8O7;

その和名はレモンの一種である枸櫞(くえん)に由来する。*1

クエン酸の化学構造

クエン酸には唾液分泌を促進して、大脳食欲中枢を刺激する働きがある。*2

体内ではクエン酸回路において、クエン酸シンターゼ触媒され、アセチルCoAオキサロ酢酸アルドール反応?によりカップリング?した後、チオエステル部分が加水分解を受けて生成される。クエン酸の代謝肝臓で行われる。*3*4

クエン酸の用途

保存血液には抗凝固剤としてクエン酸(クエン酸ナトリウム)が使用されている。したがって、大量に輸血を行なった場合は低カルシウム血症(クエン酸中毒)となる場合がある。*5

凝固剤として働く理由は、クエン酸と血液中のカルシウムイオン(Ca2+)が結合してクエン酸カルシウムとなり、凝固作用に必要なCa2+が除去されるためである。*6

*1東京農業大学 酸っぱいは精巧のもと エネルギーの源 クエン酸回路: http://www.nodai.ac.jp/journal/nakanishi/0611.html
*2すこやかインフォメーション|東京慈恵会医科大学附属病院(本院):http://www.jikei.ac.jp/hospital/sukoyaka/index_08_2.html
*3生体分子化学 徳島文理大学薬学部 江角朋之: http://p.bunri-u.ac.jp/lab23/esumi/BioMolChem1.pdf
*4大量輸血時,低Ca血症によりシヨツクを起した1症例: https://www.jstage.jst.go.jp/article/iryo1946/36/6/36_6_566/_article/-char/ja/
*5広島大学医学部附属病院輸血部 大量輸血に伴う合併症: http://home.hiroshima-u.ac.jp/yuketsu/pdf/34news.pdf
*6「安全な輸血」第8回 血液学を学ぼう!: http://www.med.kindai.ac.jp/transfusion/ketsuekigaku-8.pdf

クエン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filecitric_acid.png 閲覧数 197回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-06-15 (金) 07:57:34