健康用語WEB事典

クッシング症候群(Cushing's syndrome)

副腎皮質ホルモンコルチゾールが異常に多く産生されるために生じる病気の総称。20代~40代の女性に多い。

胴体が太る肥満中心性肥満)や皮膚線条?高血圧糖尿病骨粗鬆症多毛精神症状筋力低下、無月経尿路結石など症状として起こる。*1*2

原因は副腎皮質がん副腎皮質刺激ホルモンACTH)が体の中で異常に多く産生されるために副腎皮質が刺激されることなど。

クッシング症候群の種類*3

副腎皮質がん腫瘍)が脳下垂体による指示を受け付けずにコルチゾール分泌し続けることで起こるものをACTH非依存性クッシング症候群と呼ぶ。*4

脳下垂体腫瘍ができ、そこから過剰に副腎皮質刺激ホルモン分泌されることで起こる病気を特にクッシング病と呼ぶ。

*1広島大学 脳神経外科 クッシング病: http://home.hiroshima-u.ac.jp/nouge/right/cushing.htm
*2名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科:副腎-病気-副腎にできる病気: https://www.med.nagoya-u.ac.jp/nyusen/sick/adrenal/a_sick_kind1.html
*3クッシング症候群/サブクリニカルクッシング症候群: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaesjsts/33/1/33_27/_html/-char/ja/
*4クッシング症候群の原因となる遺伝子変異を発見 — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2014/140523_2.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


クッシング症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-31 (日) 07:40:49