健康用語WEB事典

クミンアルデヒド(cuminaldehyde)

ベンズアルデヒドの4位にイソプロピル基が結合した芳香族化合物4-イソプロピルベンズアルデヒドとも。*1

クミンアルデヒドの化学構造

クミンに含まれ、濃度依存的にO157ベロ毒素産生量を低下させることが報告されている。*2

活性酸素を過剰に発生させることで、植物に対して脂質過酸化DNA傷害を引き起こし、生育を抑制する作用を持つことが報告されている。この作用に対し、トウモロコシ?インゲン?などの一部の植物は耐性があることが知られている。*3*4

*14-Isopropylbenzaldehyde | C10H12O - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/4-Isopropylbenzaldehyde
*2クミンの腸管出血性大腸菌O157によるべロ毒素産生の抑制の解析 | AgriKnowledge: https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010833359
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 次世代の新規除草剤候補物質の探索と作用機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-25450068): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-25450068/
*4植物生育抑制活性を有する薬用植物由来の揮発性物質の探索とクミンアルデヒドの作用特性 中野香(筑波大学 生物学類)指導教員:松本 宏(筑波大学 生命環境系): http://gradtex.biol.tsukuba.ac.jp/2012/tjb201301/200910621.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


クミンアルデヒドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecuminaldehyde.png 閲覧数 29回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-08 (日) 18:21:10