健康用語WEB事典

クラドリビン(cladribine)

ヘアリー細胞白血病や一部のB細胞非ホジキンリンパ腫マントル細胞リンパ腫などに対する抗がん剤2-クロロ-2'-デオキシアデノシンとも。商品名はロイスタチン*1

クラドリビンの化学構造

体内でデオキシシチジンキナーゼによってリン酸化を受け、アデニル酸誘導体(2-CdAMP)となる。この誘導体細胞内に蓄積し、さらに活性体のATP誘導体(2-CdATP)にまで変換され、NADATPの枯渇によるDNA合成障害によって腫瘍細胞に対する毒性を発揮する。*2

*1ロイスタチン注8mg: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4291408A1021_1_12/
*2福井医科大学第一内科 診療マニュアル 作用機序からみた抗腫瘍剤の種類: http://www.med.u-fukui.ac.jp/NAIKA1/ketuekimanu/002table.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


クラドリビンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecladribine.png 閲覧数 147回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-28 (木) 09:18:03