健康用語WEB事典

クリゾチニブ(crizotinib)

未分化リンパ腫キナーゼALK)およびALK融合遺伝子発現するタンパク質など対する阻害薬。商品名はザーコリ*1

クリゾニチブの化学構造

肝細胞増殖因子受容体HGFR)やRON?およびROSRTK?におけるシグナル伝達も阻害する。使用から1年〜数年以内にクリゾチニブに耐性腫瘍が出現するという問題がある。*2

*1クリゾチニブ(ザーコリ® カプセル 200 mg/250 mg)の薬理学的特徴および臨床試験成績 野中聖子 山口志津代 長澤崇 田原誠: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/141/2/141_106/_pdf
*2ROS1融合遺伝子陽性肺がんに対する新薬候補化合物DS-6051bの共同研究成果―今後予想されるクリゾチニブ耐性の克服に向けて― | 国立研究開発法人日本医療研究開発機構: https://www.amed.go.jp/news/release_20190809-01.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


クリゾチニブに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: filecrizotinib.png 閲覧数 107回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-19 (火) 09:08:19