健康用語WEB事典

クリーム(cream)

半固体状の物質。

医薬品のクリーム

塗り薬のひとつ。一般に軟膏よりも皮膚に対する浸透力や刺激が強い。クリームは水分を含むため、その気化熱によって皮膚を冷却し、炎症痒みを抑える作用を持つ。*1

化粧品のクリーム

食品のクリーム

乳及び乳製品の成分規格等に関する省令においては「生乳牛乳又は特別牛乳?から乳脂肪分以外の成分を除去したもの」と定義される。*2

乳脂肪の一部または全てを植物性脂肪で置換した製品はクリーム類と呼ばれる。*3

*1ぬり薬 | お薬の種類 | 慶應義塾大学病院: http://www.hosp.keio.ac.jp/annai/raiin/kusuri/kusuri_07.html
*2乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(◆昭和26年12月27日厚生省令第52号): https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=78333000&dataType=0&pageNo=1
*3「日本食品標準成分表2010」について第3章の13:文部科学省: https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/attach/1299200.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


クリームに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-18 (水) 08:39:02