健康用語WEB事典

クルクミン(curcumin)

クルクミノイドに分類される、黄色いポリフェノール。主にウコンに含まれる成分。水に溶けにくいが、類やには溶けやすい。

クルクミンの化学構造

クルクミンは腸管テトラヒドロクルクミンに変わり、これがビタミンEを上回る強い抗酸化作用や抗がん作用を持つ。肝臓の機能の活性化効果も確認されている。抗がん剤の成分として利用される。*1*2*3

カレーのスパイスであるウコンターメリック)の黄色色素。生理作用として抗腫瘍作用や抗酸化作用、抗アミロイド作用、抗炎症作用などが知られている。*4

ターメリックは東南アジアで広く民間薬としても用いられており、クルクミンは抗酸化性の高い化合物で、抗炎症性もあり、優れたガン予防効果がある。*5

しかし、クルクミンの吸収率は低いとされる。*6

クルクミン誘導体であるGO-Y022GO-Y031胃がんの抑制作用を持つことが報告されている。

*1クルクミン(ウコンの黄色色素)の生合成とその応用: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/horinouti2.html
*2女子栄養大学 ターメリック 欝金・宇金 Turmeric: http://co-4gun.eiyo.ac.jp/food%20database/spice_herb/foods-dic-sh-turmeric.html
*3秋田大学大学院医学系研究科 医学専攻 腫瘍制御医学系 臨床腫瘍学講座|秋田大学医学部附属病院 化学療法部|秋田大学医学部附属病院 腫瘍内科/研究/業績/クルクミン・アナログ物語: http://www.med.akita-u.ac.jp/~medonco/forgeneral.html
*4ヒト疾患iPS細胞のウィルソン病への応用 - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2011/20110603_02.html
*5香辛料の機能性成分 中谷延二 大阪市立大学大学院生活科学研究科: http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/contents/osakacu/kiyo/DB00010955.pdf
*6機能分子解析学 <東北大学大学院農学研究科>: http://www.agri.tohoku.ac.jp/kinoubunshi/html/study.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


クルクミンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecurcumin.png 閲覧数 198回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-12-03 (月) 14:12:53