健康用語WEB事典

クレアチンシャトル(creatine shuttle)

ATPが持つ高エネルギーリン酸結合クレアチンリン酸として貯蔵し、ATP枯渇時にそれをATPに戻して利用する代謝経路のこと。クレアチンリン酸シャトルとも呼ばれる。*1

神経細胞神経突起の成長に必要とされる。

成長する神経突起では、近くまで運ばれたミトコンドリアが生産したATPエネルギーをクレアチンシャトルという機構でさらに末端まで運ぶ。このATPコフィリン分子を制御して細胞骨格アクチンが突起を成長させる力に変換される。*2

*1発達中の脳で神経細胞内のエネルギーを維持するしくみを解明:京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス): http://www.icems.kyoto-u.ac.jp/j/pr/2015/04/08-nr.html
*2発達中の脳で神経細胞内のエネルギーを維持するしくみを解明 — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/150408_2.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


クレアチンシャトルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-03-04 (日) 10:20:49