クロモデュリン(chromodulin)

4つの三価クロムイオンが結合した、インスリンの作用を増強するオリゴペプチドインスリン受容体チロシンキナーゼ活性を増強することで、グルコーストランスポーター細胞膜上での発現を促進する。*1

また、脂肪細胞細胞膜に存在するホスホチロシンホスファターゼの活性化を促進する。*2

三価クロムが結合していないクロモデュリン(アポ型クロモデュリン)には、このインスリン増強効果がない。

*1西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*2厚生労働省 クロム(Cr): https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4an.pdf

クロモデュリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-03-05 (火) 06:55:04