健康用語WEB事典

クロラムフェニコール(chloramphenicol)

抗生物質として利用される化合物

ミトコンドリア内での翻訳を阻害する薬剤ミトコンドリア翻訳阻害薬)のひとつであり、抗腫瘍作用が報告されている。*1

クロラムフェニコールの化学構造

クロラムフェニコール点眼液は、他の抗生物質に比し、内移行がきわめてよく、前房内移行が良好であり、また、過敏症をおこすことが比較的少ない。*2

タグ: 有機化合物 抗生物質 ミトコンドリア 腫瘍 翻訳

*1糖飢餓状態の悪性脳腫瘍 ミトコンドリア翻訳阻害薬が有効 | 研究成果 | 九州大学(KYUSHU UNIVERSITY): https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/823
*2クロラムフェニコール点眼液0.5%「ニットー」: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1317702Q1064_1_12/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


クロラムフェニコールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filechloramphenicol.png 閲覧数 482回 [詳細]

この用語を編集/画像添付
このページの最終更新日時: 2022-10-21 (金) 07:59:50