健康用語WEB事典

クロロゲン酸類

フラボノイドポリフェノールのグループ。クロロゲン酸とその異性体が含まれる。*1

クロロゲン酸類は一般的に植物界に広く存在するポリフェノールであり、桂皮酸誘導体カフェ酸フェルラ酸等)とキナ酸エステル化合物の総称である。コーヒー生豆はカフェオイルキナ酸CQA)、フェルロイルキナ酸FQA)、ジカフェオイルキナ酸diCQA)などのクロロゲン酸類を多く含む食品として知られている。*2

コーヒー豆抽出物のクロロゲン酸類含有量は38.8%であり、8種のクロロゲン酸異性体コーヒー豆抽出物の糖質分解酵素の阻害活性に63.1〜85.8%寄与することが報告されている。*3

*1筑波大学生物学類 クロロゲン酸類を含む植物の抗酸化作用と消臭作用: http://www.biol.tsukuba.ac.jp/tjb/Vol3No2/TJB200402200000809.pdf
*2クロロゲン酸類:糖質分解酵素阻害活性 | UCCの研究情報 | コーヒーはUCC上島珈琲: http://www.ucc.co.jp/company/research/kurorogen/01.html
*3CiNii 論文 -  脱カフェインコーヒー豆抽出物の糖質分解酵素阻害活性とクロロゲン酸類の寄与: https://ci.nii.ac.jp/naid/10024855674

ご意見・ご要望をお聞かせください。


クロロゲン酸類に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-18 (月) 12:54:31