クロロピクリン(chloropicrin)

メタン水素原子が3つの塩素と1つのニトロ基に置き換わった構造を持つ有機化合物トリクロロニトロメタン?ニトロクロロホルム?とも。

クロロピクリンの化学構造

刺激性の蒸気を発する性の液体。催ガスでもあり、の刺激剤でもある。*1

高温によってホスゲン塩化水素酸化窒素一酸化炭素などの有毒ガスを発生させる。化学兵器として使用された。

*1世界保健機関 ジュネーブ 2004年 生物・化学兵器への公衆衛生対策 WHOガイダンス: http://www.nagasaki-u.ac.jp/gakusai/who/heiki-taisaku.pdf

クロロピクリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filechloropicrin.png 閲覧数 36回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-01-20 (日) 08:14:27