健康用語WEB事典

クロロモニリシン(chloromonilicin)

サクランボに灰星病を引き起こすモニリニア・フルクティコラに対して強い抗カビ活性を示す淡黄色の有機化合物キサントン前駆体として合成される、その誘導体*1

クロロモニリシンの化学構造
*1植物病原菌の生産するキサントン系 抗力ビ物質の生物有機化学 佐々武史 山形大学農学部: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/27/2/27_2_122/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


クロロモニリシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filechloromonilicin.png 閲覧数 35回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-24 (火) 11:11:58