健康用語WEB事典

クーゲルベルグ・ウェランダー病(Kugelberg-Welander disease)

脊髄性筋萎縮症のひとつ(Ⅲ型)。常染色体劣性遺伝疾患または常染色体優性遺伝疾患であり、発症は主に10歳前後。歩行は可能。*1*2

*1高知工科大学 知能機械システム工学科 藤冨慎也 卒業論文 全方向移動できる歩行訓練機の開発: http://www.kochi-tech.ac.jp/library/ron/2002/2002mech/1051007.pdf
*2東京女子医科大学学術リポジトリ 日本における脊髄性筋萎縮症の臨床実態調査 伊藤万由里 斎藤加代子 大澤眞木子: https://twinkle.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=22455&item_no=1&page_id=49&block_id=53

ご意見・ご要望をお聞かせください。


クーゲルベルグ・ウェランダー病に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-02-28 (金) 11:03:58