健康用語WEB事典

グアノシン三リン酸(guanosine triphosphate : GTP)

グアノシンに3つのリン酸が結合した有機化合物塩基としてグアニンを持つヌクレオシド三リン酸GTPと表記される。

グアノシン三リン酸(GTP)の化学構造

糖新生において必要。また、信号伝達系のスイッチを作動させるためのエネルギーとして使用される。*1

*1埼玉大学 理学部 分子生物学科 / 大学院理工学研究科 生命科学系専攻 分子生物学コース Q&A 第6・7回: http://www.saitama-u.ac.jp/ohnishi/Q&A_67.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グアノシン三リン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileguanosine_triphosphate.png 閲覧数 204回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-01-25 (木) 16:18:39