健康用語WEB事典

グアバ(guava, Psidium guajava L.)

熱帯地域で栽培されるフトモモバンジロウ属の果物。熱帯中央アメリカ原産。国内では九州南部で栽培されている。バンジロウとも。グァバとも表記される。生薬名は番石榴。*1*2*3*4

ビタミンCを多く含む。ケルセチンエラグ酸エラジタンニンペデュンクラギンストリクチニンイソストリクチニンなど)、グアイジャベリン没食子酸などを含む。

幼果や葉を乾燥させたものはグアバとして利用される。グアバの葉に含まれるエラジタンニンは、アドレナリンによる脂肪分解を抑制することが報告されている。*5

*1香川大学農学部 グアバ: https://www.ag.kagawa-u.ac.jp/kataoka%20labo/tropicalfruit/ik.guava.html
*2グアバ・バンジロウ | Toshihiro Yamada in IGS of Hiroshima University Home Page: https://home.hiroshima-u.ac.jp/yamada07/posts/item6.html
*3|東邦大学薬学部 薬用植物園 ハーブ園 バンジロウ: https://www.lab2.toho-u.ac.jp/phar/yakusou/herb/bannjirou.html
*4Seasonal Changes in the Levels of Polyphenols in Guava Fruit and Leaves and some their Properties: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjshs1925/56/1/56_1_107/_article
*5グアバ(Psidium guajava L.)の研究(第1報) : グアバ葉の抗糖尿病薬理活性とその有効成分の研究(その1) - 国立国会図書館デジタルコレクション: https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10757514

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グアバに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-04-04 (土) 08:54:16