健康用語WEB事典

グラチラマー酢酸塩(glatiramer acetate)

多発性硬化症の治療において、IFN-βと同等の効果があるとされる物質。商品名はコパキソン*1

1996年にアメリカやイスラエルで承認されて以降、世界50ヵ国以上でIFN-β製剤とともに再発寛解型多発性硬化症に対する第一選択薬として用いられており、国内では2015年に厚生労働省から製造販売承認を受けた。*2

*1多発性硬化症|KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000325.html
*2日本薬理学雑誌 多発性硬化症における免疫病態とグラチラマー酢酸塩(コパキソン<sup>®</sup>皮下注20 mgシリンジ)の免疫調整作用 横山和正 服部信孝: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/148/2/148_105/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グラチラマー酢酸塩に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2019-05-24 (金) 07:58:11