グラム陽性菌(Gram-positive bacteria)

グラム染色によって紫色に染まるグラム陽性細菌ブドウ球菌レンサ球菌破傷風菌結核菌ボツリヌス菌など。*1

グラム陽性菌は、細胞質膜の外側に厚い細胞壁ペプチドグリカンの層)が存在する。グラム陽性菌の細胞壁は、グラム陰性菌細胞壁に比べて厚い。したがって抗体補体のみでは細菌を破壊できず、リゾチームを利用して排除する。

また、細胞質膜およびペプチドグリカンテイコ酸などの多糖類が結合し、細胞の外側に向かって伸びている。*2

*1西東社 カラー図解 免疫学の基本がわかる事典 鈴木隆二(2015/6/3): https://amzn.to/2SW7bgi
*2微生物学・感染症学(ベーシック薬学教科書シリーズ) 土屋友房: http://amzn.to/2rNXRdR

グラム陽性菌に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-17 (日) 11:37:35