グリア細胞由来神経栄養因子(glial cell derived neurotrophic factor : GDNF)

TGF-βスーパーファミリーに属する神経栄養因子のひとつ。*1

ラットのグリア細胞株から発見された。ドーパミン神経などの神経系の保護作用を有する。気分障害患者であるヒトの血液中のGDNF濃度は健常者と比較して有意に低下していることを報告されている。また、神経新生促進、認知機能改善や薬物依存の抑制などの高次脳機能?に関与することが知られている。

ヒトのアストロサイトでは抗うつ薬によってGDNFの合成や遊離が増加することが報告されている。これはERKの急性の活性化とそれに続くCREBの活性化を介して行われている。

*1特集 気分障害の生物学的理解の最前線 グリアに着目した新しいうつ病治療のメカニズム 気分障害のグリア仮説から創薬へ向けて 竹林実: https://journal.jspn.or.jp/jspn/openpdf/1120100998.pdf

グリア細胞由来神経栄養因子に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-11-28 (水) 08:41:15