健康用語WEB事典

グリコアルカロイド(glycoalkaloid)

アルカロイド糖類が結合した有機化合物糖アルカロイドとも呼ばれる。

ジャガイモに含まれるα-ソラニンα-チャコニンなど。

通常のジャガイモ(塊茎)は、100gあたり平均7.5mg(0.0075g)のソラニンチャコニンを含んでいて、そのうち3~8割が皮の周辺にあります。一方、光に当たって緑色になったところは100gあたり100mg(0.1g)以上のソラニンチャコニンを含んでいるといわれています。*1

*1農林水産省/食品中のソラニンやチャコニンに関する情報: http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/solanine/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グリコアルカロイドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:07