グリコカリックス(glycocalyx)

血管内皮細胞の内膜面に存在する、0.5〜3μm糖鎖の層。糖タンパク質グルコサミノグリカンプロテオグリカンによって構成される。物質の選択的透過や濃度調節、物理的刺激の伝達経路などの役割を持つ。*1

グリコカリックスの構成要素であるポリシアル酸脳由来神経栄養因子と結合し、細胞表面におけるその局所的濃度を調節する。

炎症によって放出されたサイトカインプロテアーゼがグリコカリックスを破壊することで、赤血球血管内皮細胞へ接着しやすくなり、血管内皮細胞間隙の血管透過性が亢進し、全身の炎症につながるとされる。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 内皮グリコカリックスの障害および麻酔薬による保護作用の検討 (KAKENHI-PROJECT-25462444): https://kaken.nii.ac.jp/ja/file/KAKENHI-PROJECT-25462444/25462444seika.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 侵襲時におけるヒドロキシエチルデンプン製剤の血管内皮糖鎖構造の保護効果 (KAKENHI-PROJECT-24592365): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-24592365/

グリコカリックスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-24 (金) 13:52:54