グリコペプチド系(glycopeptide antibiotic)

化学構造内にペプチド結合を含む抗菌薬抗生物質)のグループ。

ムレインモノマー末端に結合して細胞壁の合成を阻害する。 グラム陽性細菌に有効だが、分子量が大きいためグラム陰性細菌の外膜を通過できず無効。*1

クロストリジウム・ディフィシル偽膜性大腸炎経口摂取で有効。副作用として障害、聴覚障害(第Ⅷ脳神経障害)がある。

*1松山大学薬学部 感染症学研究室 抗生物質マップ: http://yakugaku.matsuyama-u.ac.jp/laboratory/kansensyo/saito/jiang_yi_files/antibio1.pdf

グリコペプチド系に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-02 (火) 08:13:07