健康用語WEB事典

グリコーゲン顆粒(glycogen granule)

グルコース肝細胞骨格筋内に、粒状のグリコーゲンとして蓄えられたもの。

胎児心筋ではミトコンドリアが未発達である代わりにグリコーゲン顆粒が多く存在し、解糖系の働きによってATPを合成する仕組みが発達している。*1

*1東邦大学 薬学部薬物学教室 田中光 行方衣由紀 濵口正悟 心筋の発達変化: http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/shinkin/differ/differ-2-4.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グリコーゲン顆粒に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-04-19 (木) 09:03:01