健康用語WEB事典

グリセリン脂肪酸エステル(glycerol fatty acid ester)

乳化剤として使用されるアシルグリセロールのこと。グリセリン脂肪酸エステル

乳化剤は、脂溶性水溶性両方の性質を有し、いわば水との仲介役として働いており、そのひとつに植物由来の水溶性物質であるグリセリン(C3H5(OH)3)を重合したポリグリセリン脂肪酸エステルがあります。国内では昭和五十六年に食品添加物として使われ始め、現在はシャンプーやリンス、乳液などの化粧品樹脂に特別な機能を加える添加剤などとしても使われています。*1

*1富山県立大学 生物工学科・生物工学専攻・生物工学研究センター 研究室紹介: http://www.pu-toyama.ac.jp/BR/nakajima/bfc/1a.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グリセリン脂肪酸エステルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-08-15 (水) 14:34:38