グリセロホスホコリン(glycerylphosphorylcholine)

コリン誘導体ホスファチジルコリンの構成要素。コリンアルホスセラートとも。*1

成長ホルモン分泌促進や認知症改善、機能障害改善、浸透圧調節などの作用を持つ。母乳に豊富に含まれる。*2

細胞膜ホスファチジルコリンホスホリパーゼA2リゾホスホリパーゼによって連続的に加水分解されると生じる。グリセロホスホコリンホスホジエステラーゼが作用するとコリンが生じる。

*1Choline alfoscerate | C8H20NO6P - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/Choline_Alfoscerate#section=Top
*2KAKEN — 研究課題をさがす | リン脂質のリサイクル (KAKENHI-PROJECT-15K14957): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K14957/

グリセロホスホコリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-29 (土) 21:17:06