グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼ(glycerol-3-phosphate acyltransferase : GPAT)

グリセロール-3-リン酸sn-1位アシル基を転移させてリゾホスファチジン酸に変換する反応を触媒するトランスフェラーゼ

ケネディ経路の反応のひとつ。以下の4種類が存在する。*1

GPAT1?GPAT2?ミトコンドリア生体膜GPAT3?GPAT4?小胞体生体膜に存在する。前者のほうが基質特異性が高く、酵素活性は後者の方が高い。

*1リゾリン脂質アシル転移酵素研究の新展開 進藤英雄 清水孝雄: http://lifesciencedb.jp/dbsearch/Literature/get_pne_cgpdf.php?year=2009&number=5402&file=2aRx2wkCAPTTNAbvD7v27A==

グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-09-26 (水) 14:02:12