健康用語WEB事典

グリセンチン(glicentin)

腸管管腔内L細胞から分泌される、69アミノ酸残基からなるペプチド。特に回腸末端からの分泌が多い。グルカゴンの全アミノ酸配列を内包している。前駆体プログルカゴン*1*2*3

C末端グルカゴンC末端トレオニン残基に8個のアミノ酸配列が連結した構造を持つ。作用機序はパラクリンによるものと想定されている。

グリセンチンは単独でヒト胎児小腸上皮細胞増殖効果を有することが示唆されている。

タグ: ホルモン 摂食 ペプチド グルカゴン

*12型糖尿病患者における高グルカゴン血症の評価 -新規測定アッセイを用いて- 兵庫医科大学大学院医学研究科 医科学専攻 器官代謝制御系 糖尿病学(指導教授 佐野統) 松尾俊宏: http://www.hyo-med.ac.jp/library/faculty/graduate_college/paper/h27/704.pdf
*2Glicentin - an overview | ScienceDirect Topics: https://www.sciencedirect.com/topics/neuroscience/glicentin
*3腸管上皮増殖促進因子グリセンチンの効果 : in vitro の検討: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsps/34/7/34_KJ00003316429/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グリセンチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-11-10 (火) 09:26:25