健康用語WEB事典

グリソン鞘(Glisson's capsule)

肝臓の形態を維持する支持組織結合組織)。肝小葉を物理的に支持するとともに、血管系や胆道系、自律神経系を内包して肝臓の機能を支える。*1

肝小葉の間の結合組織が、肝門部から肝臓を出入りする門脈肝動脈胆管リンパ管神経を包み込み、これらの枝分かれに従って行き肝小葉結合組織となったもの。また、グリソン鞘を構成する結合組織は、肝門部では肝臓の表面の線維膜に移行する。*2

グリソン鞘は小葉間動脈小葉間静脈小葉間胆管?を含む。*3

*1島根大学 生物資源科学部 生物科学科 秋吉研究室 比較肝臓学: http://www.ipc.shimane-u.ac.jp/naizo-shinka/page047.html
*2Terminologia Anatomica(TA)に基づく解剖学: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/TA(html)/A05_8_01_055.html
*3消化器系 - 組織学実習 - 帝京大学解剖学教室: http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~kaibo/soshiki/digestive_system/25.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グリソン鞘に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-12 (水) 13:01:52