健康用語WEB事典

グリピカン(glypican)

ヘパラン硫酸プロテオグリカンファミリーのひとつ。細胞膜の外側にGPIアンカーを介して結合している。*1

脊椎動物には以下の5つが存在する。すべてのグリピカンは14個のシステイン残基と特徴的なパターンを含む保持されたアミノ酸配列のモチーフを共通に持つ。*2

  • グリピカン1
  • グリピカン2?セレブログリカン?
  • グリピカン3?OCI-5?
  • グリピカン4?K-グリピカン?
  • グリピカン5?
*1プレスリリース - ショウジョウバエ卵巣の細胞に位置情報を伝えるメカニズムの解明: http://www.nibb.ac.jp/press/2012/12/04.html
*2グリピカン: 細胞分裂制御に重要な役割を持つGPI-アンカーヘパラン硫酸プロテオグリカンファミリー: https://www.jstage.jst.go.jp/article/tigg1989/10/52/10_52_145/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グリピカンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-01-25 (金) 08:51:08