グルコサミノグリカン(glycosaminoglycan : GAG)

ムコ多糖の一種。結合組織皮膚を構成する成分のひとつ。酸性ムコ多糖とも呼ばれる。

酸性条件下では、硫酸化したグリコサミノグリカンがコラーゲン線維に結合することで耐酸性コラーゲン線維となることが確認され、グリコサミノグリカンがコラーゲン線維の分解を調節する作用を持つことが示唆されている。*1

グルコサミノグリカンの種類*2

グルコサミノグリカンの種類とそれが存在する組織の関係は下表のようになる。

*1【プレスリリース】グリコサミノグリカンがコラーゲン分解を調節することを発見(医学研究科)|弘前大学: http://www.hirosaki-u.ac.jp/29793.html
*2千葉科学大学紀要 ヘパラン硫酸プロテオグリカン - 細胞と組織のオーガナイザー: https://cis.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=92&item_no=1&page_id=13&block_id=21

グルコサミノグリカンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:11