健康用語WEB事典

グルコサミン-6-リン酸(glucosamine-6-phosphate : GlcN6P)

グルコサミンの6位がリン酸化した有機化合物

D-グルコサミン-6-リン酸の化学構造

ヘキソサミン経路における中間代謝産物で、フルクトース-6-リン酸からL-グルタミン:D-フルクトース-6-リン酸アミドトランスフェラーゼGFAT)よって生合成され、N-アセチルグルコサミン-6-リン酸代謝される。酵母においては糖鎖を構成する全てのアミノ糖合成の原材料となる。*1*2

*1腎臓からみた糖尿病の病態と治療 宮本大資 藤田恵美子 鶴岡秀一 日本医科大学 腎臓内科: http://www.igaku.co.jp/pdf/1501_tonyobyo-04.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 2000 年度 実績報告書 (KAKENHI-PROJECT-12470091): https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-12470091/124700912000jisseki/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グルコサミン-6-リン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileD-glucosamin-6-phosphate.png 閲覧数 21回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-09 (月) 15:38:58