健康用語WEB事典

グルコシノレート(glucosinolates)

主にアブラナ科の植物が生合成する辛味のある物質。辛子油配糖体とも呼ばれる。酵素ミロシナーゼによって加水分解され、イソチオシアネートを生じる。

アブラナ科とその近縁の科の植物が生産する硫黄窒素を含む化合物アミノ酸から生合成される。これまでにグルコラファニングルコブラシシンのほか 120 種類以上が報告されている。シロイヌナズナには主にメチオニントリプトファンから作られる約 30 種のグルコシノレートが含まれている。*1

グルコシノレートは、厳密には以下の種類に分類される。*2

*1がん予防成分をアブラナ科野菜に作らせる新規遺伝子を発見 健康機能性の高い野菜の開発に新たな道: http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/press/2007/20070410_1/20070410_1.pdf
*2グルコシノレート | 東京化成工業株式会社: http://www.tcichemicals.com/ja/jp/support-download/tcimail/application/158-31.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グルコシノレートに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:11