健康用語WEB事典

グルコシルセラミド合成酵素(glucosylceramide synthase)

糖脂質合成の第一段階を触媒する酵素。394アミノ酸から成る分子量45万のⅢ型膜タンパク質?*1

セラミド基質とする。スフィンゴ糖脂質の合成は、グルコシルセラミド合成酵素によるセラミドグリコシル化から始まる。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 変異細胞株を用いた糖脂質合成酵素群及び関連タンパク質の機能解析 (KAKENHI-PROJECT-07780554): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-07780554/
*2研究室について 動物細胞工学研究室 応用生命科学部 | 新潟薬科大学: http://www2.nupals.ac.jp/~animalcell/profile.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グルコシルセラミド合成酵素に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-24 (木) 10:17:41