グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠損症(glucose-6-phosphate dehydrogenase deficiency)

グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ遺伝子が欠損しているために起こる症状。主に特定の物質の摂取による溶血

東南アジアに広く分布する。最多の遺伝性疾患伴性劣性遺伝?である。NADPH合成が不足するため、抗酸化酵素の活性が低下し、酸化ストレス溶血発作を起こす。プリマキン(抗マラリア薬)やその他の薬剤ソラマメ?の摂取により溶血発作が誘発される。*1

*1兵庫医療大学 グルコース以外の六炭糖の代謝とペントースリン酸回路: http://www2.huhs.ac.jp/~h990002t/resources/downloard/15/15biochem3/03sugarcatabolism_2_15.pdf

グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠損症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-06-08 (金) 15:48:22