グルタミン酸(glutamate, glutamic acid)

興奮性アミノ酸のひとつ。Gluとも表記される。

グルタミン酸の化学構造

中枢神経系において主要な興奮性神経伝達物質で、の70%の神経細胞神経伝達物質として用いる。記憶や学習などに重要な役割を果たす。*1 *2

情報伝達の役割を終えたグルタミン酸は主にアストロサイトに取り込まれ、グルタミン合成酵素?によりグルタミンに変換されてアストロサイト外に放出される。その後シナプス前終末に取り込まれてグルタミン酸に変換され、再度シナプス小胞に蓄えられる。

一方、グルタミン酸が過剰に増えると、興奮毒性と呼ばれる神経細胞障害作用が起こる。

食品の旨味成分であり、味覚細胞にはグルタミン酸受容体が存在する。納豆の糸や昆布チーズトマト?に多く含まれる。調味料にはグルタミン酸ナトリウムとして含まれる。*3

また、神経細胞における神経栄養因子の生産にも関わる。

神経細胞ではグルタミン酸による興奮性刺激によって NGF mRNA 発現が誘導,増強されることが報告された.19) NGF 以外にも brain-derived neurotrophic factor (BDNF)や Fibroblast growth factor-2 (FGF-2)など多くの神経栄養因子がこの興奮性神経活動による産生調節を受ける.*4

*1トランスポーターの基礎 グルタミン酸トランスポーター 田中光一: http://www.tmd.ac.jp/mri/aud/resources/CLINN2.pdf
*2興奮性アミノ酸とカルシウムについての一般的な調節: http://www.m.ehime-u.ac.jp/school/orthopedic/research/EAA.htm
*3技術評論社 石浦章一 タンパク質はすごい! 心と体の健康を作るタンパク質の秘密(2014/1/5)
*4神経栄養因子の基礎研究とその医学的応用: https://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi/135/11/135_15-00219/_pdf

グルタミン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: fileglutamic_acid.png 閲覧数 147回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-12 (水) 09:53:42