健康用語WEB事典

グルタミン酸受容体(glutamate receptor)

グルタミン酸リガンドとする受容体中枢神経シナプスに多く発現する。*1*2

以下のサブタイプが存在する。*3*4*5

*1高次脳神経機能、特に学習・記憶における シナプス可塑性の分子機構 髙宮考悟: http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/1physiol/greeting/pdf/340101.pdf
*2グルタミン酸受容体の新たな機能の発見〜松果体様器官形成にAMPA型グルタミン酸受容体が必須〜 - 生理学研究所: http://www.nips.ac.jp/release/2017/03/ampa.html
*3東京医科大学 特任教授 郭伸 これまでの成果と今後の展望: http://square.umin.ac.jp/teamkwak/messageb1.html
*4道衛研所報 記憶喪失性貝毒成分ドウモイ酸によるマウスの自発的交替行動障害に及ぼす代謝調節型グルタミン酸受容体作動薬の効果 上野健一: http://www.iph.pref.hokkaido.jp/Kankobutsu/Shoho/annual54/n08.pdf
*5イオンチャネル型グルタミン酸受容体のリガンド 受容体相互作用 自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンター 久保稔: https://www.jstage.jst.go.jp/article/biophys/46/2/46_2_93/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グルタミン酸受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-10-24 (水) 08:17:22