グレリン(ghrelin)

視床下部弓状核ランゲルハンス島ε細胞α細胞から分泌される、28個のアミノ酸から構成されるホルモン空腹?低血糖によって主に内分泌細胞から放出される。*1

グレリンは求心性迷走神経活動を低下させ、情報が延髄孤束核を介して視床下部に伝えられることで摂食を促す考えられている。*2

唯一の末梢組織で産生されて摂食を促進するペプチド。空腹のシグナルを末梢組織から伝える。*3

迷走神経を介しての運動亢進や胃酸分泌、また成長ホルモン分泌刺激や間接的にIGF-1分泌させることでタンパク質同化作用を持つとされる。炎症性サイトカインの放出を抑制することも報告されている。*4

グレリンは、主に腸管で産生される。その他、膵臓視床下部などでも産生される。特にではX/A-like細胞?で産生されて血中に放出されることが知られている。生体内では、N末端から3番目のセリン残基オクタン酸修飾された活性型グレリン、およびオクタン酸修飾されていない不活性型のデスアシルグレリン?の2つのアイソフォームが存在する。*5

脳下垂体成長ホルモン放出促進因子?GHSR?)に作用して成長ホルモン分泌を促進する。また、摂食量の増加や胃酸分泌の刺激、消化管の運動の亢進、血圧降下作用、インスリン分泌制御などが報告されている。

N末端から3位に位置するセリン残基ヒドロキシ基オクタン酸によりエステル結合を介してO-アシル化?される脂質修飾を受けることが発見されている。*6

*1新規成長ホルモン分泌促進ペプチド; グレリン(Ghrelin) に関する研究 | 生化学部 | 各部のご紹介 | 国立循環器病研究センター研究所: http://www.ncvc.go.jp/res/divisions/biochemistry/02-theme01.html
*2中枢性摂食調節機構について 空腹・満腹のメカニズム 太田一樹(管理栄養学科・教授): https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170530175924.pdf?id=ART0009880616
*3胃から発見された摂食亢進ペプチド:グレリン 中里雅光: http://jams.med.or.jp/symposium/full/124045.pdf
*4がん悪液質の病態と管理 片山寛次 福井大学医学部附属病院がん診療推進センター: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspen/30/4/30_917/_article/-char/ja/
*5グレリンとその受容体、およびグレリン脂肪酸転移酵素の比較内分泌学 椎村祐樹、中村祐樹、佐藤貴弘、児島将康(久留米大学分子生命科学研究所): https://www.jstage.jst.go.jp/article/nl2008jsce/39/150/39_159/_pdf
*6無細胞タンパク質合成系を用いた脂質修飾タンパク質の網羅的探索と機能解析 内海俊彦: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/05/82-09-02.pdf

グレリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-21 (金) 19:30:00