グロビンスイッチング(globin switching)

成長の段階によって異なるグロビン遺伝子発現されること。*1

α-グロビン以外のグロビンは、においてはε-グロビン胎児期γ-グロビン、成人はβ-グロビンと変化する。*2

*1博士論文 ヒト多能性幹細胞を用いた赤血球分化モデルの構築 越智清純: http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/58090/1/A30490.pdf
*2ヒト多能性幹細胞由来の赤血球産生における不完全なグロビンスイッチングのメカニズムの一端を解明|ニュース|ニュース・イベント|CiRA(サイラ) | 京都大学 iPS細胞研究所: https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/news/140804-132459.html

グロビンスイッチングに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-06-07 (木) 11:31:55